入院した病院で4回もの手術を受ける

  • HOME > 入院した病院で4回もの手術を受ける

入院した病院で4回もの手術を受ける

私は救急車で搬送された病院に入院し、結局、手術を4回も受けるハメに
なってしまいました。

最初の1回目は、複雑骨折をした部分にボルトを入れる手術。

2回目、3回目は化膿した部分を取り除くための手術。

最後の4回目は、化膿して取り除いた部分に骨移植をするための手術。

あまりにも手術を受けているために、手術に対する恐怖がなくなって
しまいました。

もう、まな板の上の鯉状態、焼くなり煮るなり好きにしろ状態でした。

転院を希望しても受け付けてもらえず、結局、その病院への入院期間は
1年にも及びました。

おかげで、せっかく進学した大学は休学し、その後に自主退学。

ただ、気分が暗くなったといったことはありません。
その病院には次から次へと救急車が来るので、入院患者が多いのです。

ベッド数が少ないのに受け入れたときは、サマーベッドのような簡易ベッドに
患者が寝かされていました。

そして、みんな元気になると、入院患者同士で友達になるのです。

私の場合1年間も入院していたので、殆ど病院の主状態。
1年間も入院すると、入院してきた人と友達になり、その友達が退院後、
遊びに来てくれるのです。

ですから、入院生活というのは、意外と苦しいことばかりではないと思います。
まあ、病気の症状にもよりますが・・・。