手術を受けた箇所が化膿

  • HOME > 手術を受けた箇所が化膿

手術を受けた箇所が化膿

病院へ入院して手術を受けた後、私の身体は熱が上がったり下がったりを
繰り返しました。

そして、なんと、複雑骨折の手術を受けたところが化膿してしまったのです。

診断は、骨髄炎。

骨髄炎を発症したとき、私は意識が朦朧としていて、気付いてみたら大部屋から
2人部屋へと移されていました。

私の体には、点滴の管が両手、両足に繋がれていたのです。
更に、酸素ボンベも取り付けられていました。

私は、自分が重体になったのだと悟りました。
そして、私のベッドを家族が取り囲むようにして、揃っているのです。

よくテレビドラマで見かけますが、患者が最後を迎えるとなると、家族が全員
病院に押し寄せるという、アレです。

しかし、私は生還しました。

今では笑って話をすることができますが、あのとき、周囲の人間は私が
死ぬものだと思っていたようです。

ちなみに、私は三途の川も見ませんでしたし、お花畑も見ませんでした。

私はこの骨髄炎のおかげで、苦い思いをし、大学中退をするハメになり、
社会復帰まで2年間もかかってしまいました。

複雑骨折の手術は、順調に回復すれば、1ヶ月半程度で退院することが
できるようです。

しかし、私が救急搬送された病院では骨折の手術後、何ヶ月も入院している
患者が多く、手術後化膿したのは私一人ではありませんでした。

イヤな予感が見事、的中してしまったのです。