ペットの「食事管理」

当然のことながら動物の身体は食べたもので出来ています。

正確には、その動物が食べたものから得られる栄養が、血となり肉となり、生き物の身体を作りあげているのです。

現在、ペットとして飼われている犬や猫などのペット、その「食事管理」の全ては飼い主に委ねられています。

ペットは、飼い主が選んだ「食事」を食べ、飼い主が差し出す「おやつ」を口にします。

もちろん、それぞれの好き嫌いにもよるのでしょうが、少なくともペットが自分で買い出しに出向き、ペット自身が選ぶことをしない限り、ペットが口に入れる食べ物は、飼い主次第で決まるのです。

そして、ペットが口にするものが、ペットの身体に及ぼす影響や変化に気付いてあげられるのもまた、いつも傍にいて寄り添っている、飼い主だけなのです。

大切なペットが口にする食事や栄養のバランス、食べ物の好き嫌いやアレルギーなどの症状。

ペットが発する「小さなサイン」に、いち早く「飼い主」である私たちが、気付いてあげたいですよね。

このページの先頭へ