「サプリメント」について

体内からアプローチする療法として、よく使われているのが「サプリメント=サプリ系補助食品」です。

種類は実に豊富で、関節の痛みの緩和、目や耳の働きを助けるもの免疫力の向上など、その用途の範囲は多岐にわたります。

これらは「主食」ではなく、あくまで足りない栄養を補う「補助食品」として捉えてください。

与え方は、ペットが嫌がらなければ、そのまま与えても構いません。

どうしても直接、口に入れようとしない場合は、食事や好きなおやつに混ぜて与える方法が一般的です。

通常は犬の健康状態に併せて選択し、与えるものですが、特にコレといった害もないため、健康維持や病気の予防など「日常の栄養補助」として与える人も多いようです。

またハーブは、老犬や仔犬など、抵抗力の弱いペットには与えない方がよいとも言われますが、使用しても大丈夫なハーブもあります。
専門的な知識を持つ、トレーナーや獣医の指示であれば問題ないでしょう。

※サプリメントは食事の代わりではありません。
サプリメントを与えていれば、主食はいらない、ということにはなりませんので注意が必要です。

このページの先頭へ